ママの休み時間*子供の家庭学習

幼児・小学生の家庭学習・通信教育サイト♪息子と娘に寄り添う家庭学習がモットー

学習

【口コミ】チャレンジタッチを3年間続けてこれた理由と効果♪

更新日:

MAMA
息子も今年で3年生。チャレンジタッチ歴も3年目に突入です。

 

3年生になり宿題の量も増えて家庭学習の時間も「学年×10+10分」が目安。宿題の後にチャレンジタッチをやってちょうどいい時間です。

集中して勉強してるから、お友達と遊ぶ時間もしっかり確保できてて毎日楽しそうです♪

 

チャレンジタッチが習慣化されているので息子も自然にタブレットを開きますし、私も「コラショやったのぉ!!!」と怒鳴ることがへりました♪

最近「算数の理解度レベル別」に3年生が3つのクラスに分けられたのですが、一番上のクラスに行けました!!

 

3年生から「理科・社会」が増えさらに新学習指導要領が導入され「英語」の授業も始まり、「子供の宿題みてあげるの自信ないわー」ってママの声をよく耳にします。

 

我が家は、チャレンジタッチを続けている分みんなが抱えている不安よりは楽に考えられています。

MAMA
今回は、3年間続けてよかった事・毎日の取り組み方・メリット・デメリット・子供がチャレンジタッチを続けられている理由をお話しします。

 

>>チャレンジタッチの資料請求はコチラから

チャレンジタッチって?

チャレンジタッチは、ベネッセ小学講座のタブレット型通信教育講座のことです。

  • 学校の教科書に沿った学習内容
  • 新学習指導要領に対応
  • タブレットを活かした、子供に合わせた学習内容
MAMA
子供の「できた!」を実感させてくれます。自己肯定感と達成感を大事にしてくれるところが気に入っています。

タブレット型通信教育の受講費比較

受講費 教科 タブレット代
チャレンジタッチ 3425円 5教科 0円(受講費代に含まれる)
スマイルゼミ 3600円 6教科(プログラミング) 9980円
z会 7910円 6教科(総合) 35,800円(ipad)持っている場合は0円

※3年生の場合。また、1896円/年で、サポート保証がつきます。

MAMA
家計に優しいお値段でタブレット代が受講費に含まれているので、他のタブレット型通信教育に比べて始めやすいですね。

『うちの子にタブレット学習って合うのかしら?』と試しに入会してみるのもいいと思います。

入会金はかかりませんし、万が一途中で辞めたくなっても、6か月間続けていれば、タブレット代の14,800円は請求されません。パッドの所有権はこちらへ移転されます。

 

チャレンジタッチの内容は?

  • タブレット学習
  • 赤ペン先生(紙)
  • テスト対策問題集(紙)
  • 実力診断テスト(紙)
  • アプリ
  • 実験教材

詳しい教材内容は、こちらの記事でお話ししています。

>>チャレンジタッチ3年生体験レポート♪春の特大号教材はボリューム満点!

 

チャレンジタッチの取り組み方は?

MAMA
毎月25日にダウンロードしたタブレット教材と、年に3,4回送られてくる紙の教材を組み合わせて1か月間取り組んでいます。1日15分~20分×週5日で、教材を終わらせることができます。

 

メインレッスン

予習・復習となるメインレッスンから始めます。

タブレットのホーム画面の「教室」をタッチすると、今日の目標とおススメを教えてくれます。学校の授業でも「めあて」という呼び方で取り組みの目標を設定しています。子供が学校の授業とリンクして考えやすいので、すんなり始められます。

各教科3から12問用意されています。少ないと感じると思いますが、解きなおしボタンや月末のキミ専用まとめ問題で復習できるので、実質もう少し量が多いです。

 

学習が終わると親のスマホにメールが届きます。今日やった項目と点数を教えてくれます。解きなおした問題の最初の点数と2回目の点数がでるので、ちゃんと復習できているのか?理解しているのかわかります。

月曜日には先週1週間の子供の取り組み内容が届きます。先週は頑張ったなーとかさぼり気味ねーなど確認し、子供のタブレットに励ましのメールを送ることもできます。

 

子供なので、勉強のムラがあったり浮き沈みがあるのは当然です。チャレンジタッチはメールで子供の状態を教えてくれるので、無駄に怒らずにすみます。

 

実力アップレッスン

 

メインレッスンが終わったら、応用問題にチャレンジできます。

子供の学習内容で親が設定できます。応用問題と発展問題に取り組めます。

 

今月は運動会の練習で大変そうだなとか、風邪が流行って子供も体調が悪そうって時は、無理にやらせないようにしています。それよりは、しっかりメインレッスンの復習までしっかり終わらせて、「達成感」で次月頑張ってくれたらな♪

その代わり、夏休みなどの長期休暇はみっちりやってもらいます(笑)

 

紙のテキスト

タブレット学習は紙の勉強ができないからやらない!って話をききます。チャレンジタッチは、タブレット+紙のテキストで勉強しているので、その点全く心配していません。

 

チャレンジタッチを続けてよかった事

『ぼく、コラショ(チャレンジタッチ)やりたい!!』って話してくれてからもう3年。

続けてきてよかったなってことをお話しします。

 

教科書に沿った内容だから、授業中自信もって学習できている

小学生になって個人面談で共通して先生に言われるのが、「授業中率先して手を挙げてくれるし、ちょっと難しい問題をだしても自信をもって回答してくれるんですよ♪」とお褒めの言葉♪

親としては、ニヤニヤものの嬉しいお言葉です!

進研ゼミ小学講座は、使っている教科書の出版社に合わせたカリキュラムで構成されているので、授業の予習・復習ができて、子供が自信をもって授業に取り組めるんです。

 

家庭学習の習慣がついてきた

宿題+チャレンジタッチの組み合わせが習慣化され、推奨されている家庭学習目安時間『学年×10+10』3年生は40分がしっかり定着しました。

息子に『最近ちゃんとやってるけどどうしたの?』と聞くと、

息子
やると先生が言ってることがわかるんだよねー。それに、やらないと何だか落ち着かないし

なんと大人な意見を頂きました。私も見習わなくては!!

1,2年の時は、『やったのぉ?』と声をかけることもありましたが、今はほぼ言ってないんですよぉ。逆に怖い(笑)

 

全教科成績が安定している

チャレンジタッチで、全教科(3年生は5教科)の学習ができるので、成績にムラがありません♪

教科の好き嫌いはありますが、テストも成績表もバラツキがなく安心しています。

3年生になって教科が増えたから、うちの子大丈夫かなーって話をよく聞くので、どの家庭も何かしら成績に不安を持っているんだなーと実感。

チャレンジタッチをやっていると、子供の様子が目に見えてわかるので、漠然とした不安を抱えずに済んでいるんです。

授業の単元が終わるころに、『テスト100点問題集』をやって、テスト対策もできます♪

チャレンジタッチを3年間続けられている理由

勉強が好き!ってわけでもない息子がどうして3年間続けられているのか?息子にきいてみました。

宿題とタブレットで気持ちの切り替えができる

息子
ずっと紙の勉強は飽きちゃうもん♪

正直な感想ですね。授業も宿題も通信教育も全部紙だと飽きてしまうそうです。

 

達成感を感じやすい教材量

息子
全部やらなきゃいけないと思うと嫌になる!

先ほどお話しした実力アップレッスン問題は親がコースを選択できるので、子供に合わせることが可能です。「できた!」「終わった!」の達成感を感じながら頑張ることで、次も!!って気持ちが自然と湧き出るようです。

 

わからないままで終わらない

息子
学校って先生が丸付けするまで答えわかんないから、なんで間違えたか忘れちゃうんだよね

問題を解いたらすぐに答え合わせしてくれる。タブレット学習だからできることですよね。私たち親もすぐに答え合わせしてあげられるわけではないので、大助かりです。

解きなおしボタンとキミ専用まとめ問題で総復習もやってくれて、確実に子供の実力に繋がっています。

 

放課後お友達と遊べる

息子
習い事してるとお友達と遊べないからね!僕が予定合わせてあげられるんだ♪

3年生にもなると塾や習い事をしている子ばっかりです。「4時から習い事だからそれまでは遊べるー」「オレ、4時半から塾だから遊べないじゃん(´;ω;`)ウゥゥ」と下校中の子供たちはこんな会話をしています。

通信教育のいいところは、時間に縛られないこと。

放課後お友達の予定に合わせて遊べますね♪

 

アプリと努力賞のために頑張れる!!

息子
アプリやってもママに怒られないし!努力賞次何にしようか?って楽しいし!コレないとまじむーりー

そうでしょう。そうだと思います。勉強のアプリだと私怒らないです。長すぎると休憩を挟むようにいいますけどね。

チャレンジタッチのアプリは、遊びながら勉強ができるのでおススメします。

最近ハマっているのは、「地図で宝探し」というアプリです。社会で習った方位磁石を使って探検をします。迷路のような道を通り抜けるので、今どっちの方角なのかチンプンカンプンです。大人も頭使いますよ。

努力賞はもっとも楽しみにしていることなんじゃないかな。

進研ゼミの努力賞の口コミはこちらでご紹介しています。

>>進研ゼミの努力賞2018!プレゼントの口コミレビュー♪ポイントの貯め方は?

 

>>チャレンジタッチ公式サイトはコチラから♪

チャレンジタッチのメリット

学習状況に合わせてコースを選択できる

 

ベネッセは、0歳から高校生までの教材を作っているのですが、どの年齢の子供にも「できた!」を大事にしてくれています。

しかも、余計な手続きはなく、スマホから「おうえんネット」(保護者用サイト)で簡単に操作できるので、面倒な手間がありません。

メインレッスンは基本で、ステップアップできるのは「実力アップレッスン」です。その中にも「演習・発展」と段階があります。

 

すぐに答え合わせをしてくれる

タブレット学習のいいトコロですね。わからない問題をわからないままにしない。

これが紙の問題で全部終わって丸付けをしても、合っているか?間違っているか?だけの採点になっていしまいます。そうじゃないですよね、わからない問題をその場で解きなおすことで記憶として残り、次同じ間違いをしないようにできるんですよね。

 

おうえんネットでそっと見守る

タブレットが答え合わせや復習問題を考えてくれるので、親は基本そっと見守るだけです。

「何点だったの?ちゃんとやったの?今忙しいから〇付けは後でにして!」

子供が嫌いなこの言葉たちをかけなくていいんです♪

おうえんネットはこちらの記事でもご紹介しています。

>>チャレンジタッチリニューアル版口コミ!「内容が薄い」問題をコレで解決!

子供にやさしくできますよ。

 

アプリが充実している

 

算数・国語・理科・社会・英語の勉強アプリや電子図書館もあります。

遊びの中で、「さっき勉強したのってこうゆうことなんだ!」って気づきができます。

 

また、図書館が充実していて、絵本から児童文学・映画のタイアップになった本・漫画も読めるんです。制限はないので、本を買うより断然お得ですよ♪

 

チャレンジタッチのデメリット

チャレンジタッチはたくさんの問題をどんどんこなして学力を上げたい人には不向きです。

数をこなすといろいろな問題に取り組めるので、問題に対するボキャブラリーは増えます。

ただ、数をこなす分わからないままにしておく問題も増えてくるわけで、結果的にそれが致命傷になることもあり得ます。

2020年の新学習指導要領改訂に向けて、「自分で考える力」「学んだことを生かす力」が重視されています。そう考えると、チャレンジタッチの「間違えた問題をもう一度自分で考えて、生かす力」が今後さらに必要になってきます。

 

チャレンジタッチ3年目親子の口コミのまとめ

3年間の総まとめをお話しさせていただきました。

チャレンジタッチをおススメする理由

  • 子供の学習状況に合わせたコースを設定できるから、「できた!」の達成感を感じやすい
  • 解きなおしボタンと専用まとめ問題で復習もバッチリ
  • こどもが続けられる工夫がたくさん
  • すぐに答え合わせするから、わからないままにしない
  • おうえんネットでやさしく子供を見守れる♪
  • アプリが充実♪
  • 新学習指導要領対策済み
  • 他社と比べ比較的リーズナブル

 

息子
ママーコラショ終わったから遊びに行ってくるねー♪

今日も元気に遊びに行きました。

 

3年生になると、教科が増えるし、新学習指導要領で授業内容が変化してるし、ギャングエイジって言われるお年頃だし、甘えん坊だし。

この時期の学習って本当に大事なんです。

 

チャレンジタッチを3年間続けて思うのは、子供の学習にちゃんと向き合えているなって事。ママが見てくれるのは子供の自信に繋がります。

勉強だけは、ママがガミガミ起こらないから子供も楽しくチャレンジタッチやっています(笑)

 

MAMA
子供が楽しく勉強できて、学校でもじわじわ効果が出始めました!チャレンジタッチはホントおススメです♪

悩んでいるママ♡まずは無料資料請求して、それからお子さんとじっくり相談してみてください♪

 >>チャレンジタッチの資料請求はコチラから♪

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-学習
-, ,

Copyright© ママの休み時間*子供の家庭学習 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.