ママの休み時間*通信教育レビュー

幼児・小学生の通信教育レビューブログ運営中♪息子と娘に寄り添う家庭学習目指してます!

ママ・ママ友・PTA

【実録】ママ友グループライン(LINE)がめんどくさい!トラブルにならない3つの対処法とは?

更新日:

ママぁまたLINEきてるよぉ~

いいよぉほっといて~

 

特にママ友のLINEグループは1時間~2時間なりっぱなしです。

どんどんどんどんグループLINEが増え、とにかく面倒くさいのです( ;∀;)

こんなにあると、トラブルに巻き込まれたり起こしたり(笑)

今日は、私が実際に巻き込まれたトラブルや巻き込まれないための方法をお話しします~。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

そもそもどうしてママ友のLINEグループはこんなに多いのか?

子供の幼稚園・保育園・小学校・習い事などママ達は常に情報交換をしたがります。とにかくおしゃべりが大好きなんです。噂も人の悪口も!

仲良しのはずが、あのママには伝えたくない情報がある~ってなるとすぐにLINEグループを作ります。

仲のいいお友達や子供がいつもお家にお邪魔している友達のママ、連絡事項用のLINEはまぁ納得できます。

我が家には幼稚園年長の娘と小学3年生の息子がいます。幼稚園では保護者会の役員で、バレークラブを2つ掛け持ちしています。そんな一般的なフツーのママの私でも、

 

  • 幼稚園のグループLINE 1個
  • 息子・娘の各学年 6個
  • 幼稚園の保護者会 3個
  • バレー関係 4個
  • 送別会有志  4個
  • 卒園児親LINE 1個
  • 2人目の子供だけの会 1個
  • 卒対 1個

子供関係のママ友ライングループだけで、ざっと20個!

 

これだけあれば色々なトラブルに巻き込まれる可能性大ですよね!!次は、ホントにあったママ友LINEトラブルをご紹介します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホントにあったママ友LINEトラブル3選

ケース① 仲良しグループに亀裂が・・・

ケース①

仲良しのママ達5人でグループLINE。遊ぶときはみんなに声をかけるのは暗黙の了解でした。

そのうちの4人がたまたま出先で遭遇しそのままランチを楽しむことに。

お昼の時間を過ぎていたし、偶然だから残り1人には特に連絡せずにいました。

ところが、お迎えの時間。いつもはバラバラの方向から園に向かうはずの4人が同じ方向から楽しそうに自転車を漕いでいるのを目撃されてしまいます。

自分だけランチに誘われていないと思ったママ友は、子供を引き取ると逃げるように帰っていきました。

そんな状態が2週間続き、面倒に思った4人は距離を置くことに。結局仲良しだった5人グループのママ友は、4対1に分かれてしまい卒園まで気まずい状態になってしまいました。

 

ケース② 必要ないからと退会してしまう人

ケース②

バスコースのママ達の1人と仲のいい徒歩コースのママ友は、「バスコース専用のLINEグループ」に誘ってもらいみんなでお出かけすることに。

楽しい時間を過ごしましたが、私が入っていることでバスコースだけの会話ができないんじゃないか?と考えたママは

「今日は1日楽しかったです。また何か会ったらぜひ誘ってください」とメッセージを残し、退会しました。

すると、仲のいいママ友が「なんで退会しちゃったの?みんな気まずくてあのグループLINEだれもつかわなくなっちゃったじゃん!!」と怒られてしまいました。

これ私の話です。バスが遅かった・運転が荒い・席が一緒じゃなかったなんて、バスコースの話をきいても仕方ないなと思っての退会だったのですが、なんだか気まずい雰囲気を作っちゃったみたいです。

このことがあってから、グループLINEに参加したら退会せずに通知オフにする方式をとっています。

ケース③ お誘いにみんな既読スルー

ケース③

お互いの家を行き来し、宅のみを楽しむ仲の仲良しママ友グループLINE。

この中に1人、飲むと「帰らせない・帰りたくない」アピールの強いママが。

みんな内心面倒だなという思いは抱えていたものの、私だけだったらどうしよう・・・気持ちを隠して合わせていました。

そんな時、帰りたくないアピールの強いママから宅のみのお誘いが・・・。

みんな既読を付けずにメッセージを読み数時間スルーを続けました。この時みんなの心が1つに。

「同じ気持ちだったんだぁ」とわかると、みんな用事をつけて断りの返信を打ちました。

その後、このグループ内で宅のみをすることはなくなり、アピール強めのママはほかのターゲットを見つけたのでした。

私のまわりもいろんなママ友トラブルで溢れかえっています"(-""-)"

次に、できるだけトラブルに巻き込まれないように過ごす方法をお話しします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

トラブルにならないための3つの対処法!

①グループのお誘いは断らない!

クラス替えや新学年の係決めがあると、すぐにLINEグループ作ろうとする人いませんか?

LINEトラブルに合わない為には、グループLINEに入らないことが一番なのかもしれませんが、断っただけで距離を置かれることだってあるんです。

基本誘われたらとりあえずグループに入ります。

ここで波風立てるとホント面倒なので。

そして通知をオフります。

退会するともっと面倒なので。

ママ達のLINEグループは、誘ってきた人とその友達が中心になって発言してくれるので、基本流れをみて同意を求められたり意見を聞かれたときのみ送信しています。

自分自身が中心にいないLINEグループは、

  • 「いつもありがとう」
  • 「了解しました!」
  • 「そうなんだぁ!いいと思う!!」

で対処しています。

②LINEの問題は会話で解決!

LINE上で起こるトラブルをLINEで解決しようとすると、どーしても誤解が解けないまましこりが残ったままお付き合いを続けなければいけなくなります。

それこそ面倒じゃありませんか?

子供の送り迎えやランチ会で、ちゃんと話する機会を作り1つ1つの誤解を解いていきましょう。

LINEは、相手の顔が見えないから「文章の内容・絵文字の使い方・既読になってからメッセージがくるまでの時間」で色々な感情を読み取らなくちゃいけなくて、読み取り方を間違えちゃうとドンドンつらい方に考えてしまったり、不安に思ったりしませんか?

子供たちのお手本になれるように、ちゃんと相手の目を見て問題を解決しましょう!

 

③面倒なお付き合いはそっと距離をおく

飲み会やランチ会やお家に誘われたり面倒なお付き合いに誘ってくるママ友いませんか?

グループLINEで断るとみんなにバレてしまい気まずいから仕方なく誘い乗ってませんか?

自分の時間や家族の時間を犠牲にして、行きたくない誘いに乗る必要ないですよ!

家族と出かける用事・義母が遊びに来る・習い事・旧友が遊びに来るなどバレない程度の言い訳を用意して、少しずつ距離を置いていきましょう。

何度か断っていけば、「あそこはいつも忙しそうだから」と誘いが減っていきます。お子さんの付き合いもあるでしょうし、負担にならない回数でたまにはお付き合いに乗ってほどよい関係性を続けていきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ママ友LINEグループのまとめ

LINEグループってホント怖いですね(笑)

大きな声では言えませんが、すべて実体験です。

みなさんもママ友LINEグループのトラブルには気を付けてくださいね~!

チャレンジタッチ口コミ

わが子に合う通信教育の選び方

>>小学生向け通信教育ランキングベスト5はコチラ♪

我が子に合う通信教育って?人気教材を実際に続けてわかった特徴や合うお子さんのタイプをまとめています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ママ・ママ友・PTA
-

Copyright© ママの休み時間*通信教育レビュー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.