小学生通信教育

【口コミレビュー】プチどらゼミ年長コースを体験!5歳娘の入学準備に活躍♪

ママ
ママ
うちの子って、自分で考えたり、集中したり、応用したり苦手なんですよね・・・。来年から1年生なのに大丈夫かしら?

うちの娘。どうも勉強に対して無頓着で、落ち着きがなく、1つのことをじっくりやるのが苦手なんです。

これからの学習は、知識だけを詰め込むだけじゃだめで、知識を使って判断したり推理力・応用力も大事になってきます。

ちょうど、兄がドラゼミのサンプル教材で学習中で、学校の授業と違う視点で取り組めて、集中して勉強しているのをみて、コレだ!!と思い娘もお取り寄せ♪

始めは、乗り気ではありませんでしたが、ドラえもんのストーリー仕立てのテキストに絵本を読んでるみたい!と喜び、どんどん難しくなる問題を楽しんでいました。

おぉ!!自分で考えて答えを導き出してる!!と母さん喜んでしまいました。

今日は、お勉強が苦手な年中の娘も楽しんだプチドラゼミの内容とよかったポイント・メリット・デメリットについてお話します♪

プチドラゼミとは?

年少・年中・年長(3歳から6歳)がドラえもんと一緒に楽しく学習習慣を身につける通信教育システムです。

ママと子供が一緒に「できた」を味わい子供の成長を感じながら将来の学ぶ基礎を作ります。

その中でも年長コースは、小学校に上がった時の生活につながるような問題・もじ・かずに結び付けて学習していきます。

 

1年生に向けた準備

  • 学習の習慣作り
  • 1から20の数の理解
  • ひらがな50音の完全習得
  • 知恵・知識の習得

もじの学習目標

  • ひらがなの完全習得
  • カタカナの読み書き
  • 短い文章の理解
  • 簡単な文作り

かずの学習目標

  • 1から20までの数と数字の対応
  • 1から50までの数の並び
  • 大きな数の理解
  • 10までの足し算・引き算

 

ここまで勉強する必要はあるの?と思っちゃいますよね。でも、これだけできていれば学校の授業をスムーズに受ける事が出来ます。

新1年生は、学校生活に慣れること・勉強すること・お友達を作る事・・・とやることがいっぱい!!少しでも心に余裕があった方が、楽しく過ごせますよ♪

 

通信教育受講費比較

受講費 教材の内容
ぷちどらぜみ 1922円 ワーク・ちえブック
こどもちゃれんじ 1944円 ワーク・トイ・DVD
Z会 2470円 実験・ワーク

1か月2000円以下で始められますね♪

お店で知育トイや幼児用ドリルを買うと2000円以上はします。1年間のカリキュラムが考えられていて次は何を買おうかな?って悩まずに済むのが通信教育のいいトコロですね♪

ぷちドラゼミ年長コースの内容は?

主教材

  • もじかずブック(48p) 1日2ページを目安にすすめます
  • ちえトレーニングブック(20p) 推理力・構成力・観察力・論理力・運筆力を養います
  • かきかた練習ノート・しつけルールブック・特別教材

ぷちドラゼミは付録が少ないので、教材が家の中で場所をとって困る・・・って事が少ないようです。ドラえもんは各教材の中にたくさんでてきて、ヒントや答えを教えてくれます。

教材は季節をテーマにして、ストーリー仕立てで進めていきます。1年生の教科「生活科」に繋がるように作られています。

 

ぷちドラゼミ1週間サンプル取り組み方

ぷちドラゼミサンプル教材は、全15ページあります。

文字や数字の学習と知恵しぼり答えを導き出す学習とメリハリのある出題方法でした。

絵をみて字を連想し言葉に出して、文字を書きます。情景を浮かべながら文字の練習をすることで記憶に残りやすくなります。

春にサンプルの申し込みをしました。桜の花はタケノコ・春の星座を使って問題が出題されます。

 

季節の食べ物に親しみ観察して色を塗ります。

ちょうちょはどうやってお花の蜜を吸うの?など季節にまつわる教材も豊富です。

 

なぞなぞのような問題ですね。

年長の学習目標は、ひらがなの読み書きとカタカナの読みの習得です。ドラゼミを続けていると、ママが読んであげなくても問題を解けますし、ひらめく力の練習にもなります。

小学生からのドラゼミにはさらに応用問題が増えてきます。幼児のうちからトレーニングが大事になるんですね!

ぷちドラゼミのここがよかった!ポイント

慣れ親しんでいるドラえもんの仲間たちと勉強できて、子供は大喜びです♪

絵本を読み進めるような感覚

ぷちドラゼミの教材の「もじかずブック」は、1冊が絵本のようにストーリー仕立てになっていて絵本を読んでいるような感覚で進められます。

「次はドラえもんどこに行くのかなぁ?」「さっきのお財布落ちてたね、どこにもっていくんだろうね?」

もじ・かずを中心に流れを読み取り生活学習にも結び付けてくれます。

 

季節を感じながら学習できる

季節に合ったテーマが決められていて、もじかずを勉強しながらたくさんのことが学べます。小学校で習うちょうちょの生態・春の食べ物・1年間の行事なども学べます。

もじ・かずはなんとなく教えられますが、季節の食べ物や動物たちの生態は知識がないと教えられませんよね。

一緒に「なるほどねー」と勉強になることもたくさんあるんですよ。

 

ちょっと背伸び問題も

中には、地図記号・世界の国々・郵便・江戸の町といった、ちょっと難しいかな?と思われる内容もドラえもんがわかりやすく教えてくれます。

地図記号なんて、3年生の息子が最近覚えてきた内容です(笑)

 

ぷちドラゼミのメリットは?

1年生に向けた学習習慣が身につく

年長コースの後半から、文章読解・作文・足し算・引き算・文章問題に挑戦します。

親子学習のアドバイスが親切・適確

幼児教育のワークって、子供への声掛けのポイントが簡単に載っているものですよね。プチドラゼミは、このアドバイスの量が多いんです。

なんとなく書かせていた数字や文字も、このポイントを抑えれば上手にかけるようになるんだ!と親の気づきになります。

2020年度からの新学習指導要領にいち早く取り組める

ドラゼミは、ほかの通信教育より早く導入されていました。

今までは、「答え」が重視される傾向にありました。

新学習指導要領では、答えにたどり着くまでの過程が重視されるようになります。自分の言葉で表現できる力・試行錯誤しながら回答を解く力が必要とされ、ドラゼミでは『つたえる力』『ひらめく力』として、学習していきます。

さらに、大学入試問題も見直されて、記述式問題が導入されるので、「思考力・判断力・表現力」も判断されるようになります。

小学校の授業でも徐々に導入されていますし、ドラゼミが大事にしている事が学校の学習指導要領でも重要視されてきます。

 

ぷちドラゼミのデメリットは?

年長コースの目標設定が高く、途中からワークを始めると難しく感じてしまうかもしれませんね。

プチドラゼミは、年少コースから年長コースまでが一連の流れになっているので、始めるなら年少もしくは、お子さんの学力が教材の内容に合う月齢から始めることをおススメします。

教材の内容が子供に合っているかわからない・・・って時は、せっかく無料で1週間分のサンプル教材を請求できるので、まずは、試してみましょう!

難しいを楽しいに変えてしまえば、子供たちはぐんぐん吸収してくれますから、すぐに追いつきますよ♪

 

ぷちドラゼミのまとめ

  • ストーリー仕立てで絵本のように読み進められる
  • ちょっと背伸び問題が、子供のもっと!に答える
  • 1年生に向けた学習習慣がみにつく
  • 2020年新学習指導要領の変更にいち早く取り組める
  • 子供が楽しみながら、判断力・観察力・推理力・記憶力のトレーニングができる

幼児の学習は特に、お子さんに合っているかの見極めが大事になってきます。

私もそうですが、いくつか通信教育を試してお子さんが1番夢中になれる学習方法を導き出してあげることが、学力の向上につながります。

ぷちドラゼミは、1週間分のサンプル教材が無料で請求できます。お子さんの適性を確認するには十分なページ数です。

2020年教育改革に向けてぷちドラゼミはおススメできます。まずはサンプル教材でお子さんが楽しんで勉強できるかな♪をみてあげてください!