ママの休み時間*通信教育レビュー

幼児・小学生の通信教育レビューブログ運営中♪息子と娘に寄り添う家庭学習目指してます!

幼児通信教育

幼児が(年長)タブレット教材でお勉強するメリット・デメリットは?

更新日:

ママ友
パート始めたから忙しくて子供の勉強教える時間がなくてさ~タブレット教材考えてるんだけど何かいいのない?

幼稚園のママ友にこんな質問をされました。

このママ 第一子が来年小学校入学で娘と同い年の6歳年長さん。

入学に向けて何を準備すればいいのかな~っとたびたび質問をうけるのですが、その中でもママの不安が大きいのが「勉強」

年長の時期って進んでいる子は小学1年生レベルの読み書きや算数ができちゃうけど、ゆっくりの子はやっと自分の名前を読める・数字も20まで数えられるかな?と、同い年でもかなり差が開くんですよね。

子供の興味が字や数に向いててスムーズに勉強できてる子や、早いうちから習い事で習得している子など環境も様々。

ちょうど娘が「RISUきっず」という算数をメインにしたタブレット教材をやっていて、1学期の間にメキメキ成長しているを知っていたので気になっている様子です。

幼児のタブレット学習はどうなの?って否定的な意見も多いですがちゃんと取り入れてあげれば、子供の好奇心を刺激して効果を出すことだってできるんです。

今日は、幼児にタブレット教材で勉強させるメリット・デメリットについてお話ししていきたいと思います。もちろん娘と息子の体験談をもとにお話をさせていただきます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

幼児用タブレット教材4つのメリットは?

まずは幼児用タブレット教材のメリットをお話ししていきたいと思います。

メリット

  • 視覚・聴覚に働きかける
  • 子供の興味を得やすい
  • 何度も反復練習できる
  • ママの負担が減る

我が家の息子と娘がタブレット教材で勉強する事でわかったメリットがコチラです。

視覚・聴覚に働きかける

タブレット教材のメリットで最初に思いつくのがコレです。

例えばひらがなの書き順をアニメーションで教えてくれ、線をはみ出ると「違うよ~」って教えてくれたり、時計の見方を時系列で教えてくれたりと、視覚と聴覚をフルに使って子供の興味を引き付けてくれます。

テキストのイラストだとそうはいかないですよね?何度もママが説明する必要があります。

 

子供の興味を得やすい

我が家でタブレット教材を採用した理由の1つが「子供がタブレットなら興味をもってやってくれるのでは?」でした。

子供にタブレットやらせてって声もありますが、私は勉強をするツールの1つとして活用すべきだ!って思ってます。

2020年から小学校でプログラミングの授業が必修になりますし、使えて損はないです。

ドリルやテキストでは「勉強をする」って子供が身構えてしまうこともあるので、幼児のうちこそ『興味→楽しい→いつのまにか勉強』って学習の仕方が、入学後自然に家庭学習を取り組む習慣がつきやすいです。

 

何度も反復練習ができる

紙のテキストでは一度書くと終わりですが、タブレットはつまづいた問題を最初から練習できます。

小さい子は何度も何度も練習しないと覚えないですものね~(^^♪

自分で何度も練習することもできるし、『おさらい問題』として出題してくれる教材もあります。

小学生向けのほとんどのタブレット教材でこの機能がついています。

 

ママの負担が減る

そうなんです。タブレットは問題を読んでくれて、ちょっと違うとヒントをくれて、採点もしてくれて、ご機嫌もとってくれる♪

兄が年長さんの時、なんでできないのかな~?とイライラしてきちゃって怒りながら教えていた時期もありました。

夕飯作ってるときに、『ママ~なんて書いてるの?』って聞かれると、『ちょっと待ってて~』っていいますよね。

ちょっと待たせてる間に子供の集中力が途切れて、『もぉ~なにやってんの!勉強してるんだからちゃんと座って待ってて!!』

って、悪循環でした。

タブレットの教材は、子供が今ほしい反応を教材が提供してくれるので子供の集中力が持続しやすく、集中しているから覚えている

って好循環です♪

 

それでは次に幼児用タブレットのここは・・・と感じるデメリットにつちてお話ししていきます。

幼児用タブレット教材3つのデメリットは?

デメリット

  • えんぴつとノートを使う機会が少なくなる
  • タブレットの扱いが乱暴でヒヤヒヤする
  • テキスト型と比べると割高になる

えんぴつとノートを使う機会が少なくなる

始めるならやっぱり「えんぴつ」と「ノート」を正しい姿勢で書く練習をさせたいって思うのが親心かな。と思ってます。

画面に字を書くのとえんぴつではやっぱり感覚が違うし、正しい姿勢と作法が身についていれば、入学してからもスムーズに授業に取り組めますしね。

 

ただタブレット教材の中でもスマイルゼミは、「紙とえんぴつのような書き心地」で練習できるような工夫がされています。

 

タブレットの扱いが乱暴でヒヤヒヤする

小さい子はタブレットの扱いが危なくてヒヤヒヤしちゃいます。

破損したら万単位の弁償を。。。と想像しがちですが、今は保証内容が充実しているのでサポート料金を(月1000円~)支払えば万が一の時に交換もしてもらえます。

今小学3年生のお兄ちゃんが使っているチャレンジタッチは、結構落としたりぶつけたりしてますが、現役で動きますよ。

充電の差込口も雑に扱われていますが、持ちこたえています。

どのタブレット教材もカバーがついているので、そこまで神経質にならなくてもいいですよ♪

 

 

テキスト型と比べると割高になる

タブレット代金とシステム代等で割高になるのは否めません。

他の幼児用通信教育と比べてみると・・・。

教材費(月) タブレット(1括)
スマイルゼミ 1980円~ 9980円
こどもちゃれんじ 1944円~ なし
Z会 2470円~ なし
ぷちどら 2268円~ なし
RISUきっず 2480円 0円

タブレット教材はタブレット代金や教材費が高い傾向にありますね。

これだけみるとやっぱりやめておこうかな~と感じますが、おためしサポートがついている教材もあるんですよ。

  • スマイルゼミ 全額返金保証制度で、万が一子供に合わなければ2週間以内に電話すると全額返金できる。
  • RISUきっず 1週間おためし体験ができる。

といったように、はじめてタブレット教材に触れる子供のための安心制度も充実しているんです。

 

幼児用のタブレット教材で効果を出すコツは?

ここまで、幼児用タブレット教材のメリットとデメリットをお話ししてきました。

メリットとデメリットはよぉ~くわかった!じゃぁ、うちの子はどれを選べばいいのかな?という疑問にぶち当たりませんでしたか?

なるほど~うちの子はタブレット教材試してみる価値はありそう♪でもどれにすれば効果を感じられるの?

 

MAMA
答えはお子さんに何を学んで欲しいか?です

あれもこれもは難しいのでまとを絞る事をおススメします。

数字や時計の基本を学ばせたいな

数字や時計は基本がとっても大事です!

算数をしっかり教えてくれるのが、『RISUきっず』です。

娘も4月から始めました。数字の基礎を学べますし、時計の勉強は実際にアニメーションで動くの娘も理解が早かったです。

基本はできてるから、小学校の先取りをしたいってお子さんにもお勧めです。

娘の勉強の様子を記事にしたのがコチラです。

>【口コミ体験談レビュー】RISUきっずタブレットで5歳娘におきた効果♪

1週間おためし体験はコチラのクーポンコードが必要になります。「zik07a」

>>RISUきっずって?公式サイトはコチラから♪

 

基礎学習+を学ばせたい

基礎学習はもちろん、これから必要になってくる学力を早めに学ばせていきたい!

確かに、2020年から新学習指導要領の改訂にともない新しい教科が必修となります。

  • 小学3年生から英語
  • 小学1年生からプログラミング

親だけではカバーしきれません。

スマイルゼミはいち早く新学習指導要領を取り入れた教材にシフトチェンジしています。また、漢検にも力をいれています。

通常は小学1年生からスタートするのですが、年長さんの12月から『新一年生準備講座』として始める事ができます。

娘はすでに申し込み済みです。お兄ちゃんがやっているのでとっても楽しみにしています。

詳しい入会方法はコチラでお話ししています↓

>>【体験談】スマイルゼミ全額返金保証の解約方法は?いつまで?面倒?ご紹介

 

タブレット+紙の教材もやらせたい

タブレットのメリットはよくわかったけどやっぱり紙の教材も大事なんだよな~

うんうん!よくわかります!!

タブレットではないのですが、こどもちゃれんじの新一年生準備スタートボックスでは、『チャレンジスタートナビ』という簡単なタブレットがついています。

ひらがなの練習や時計の見方・数の数え方など。紙のテキストと連動して勉強することができます。

8月初旬に届いてから毎日楽しそうに練習しています。タブレットよりも小さく子供の小さな手でも扱いやすそうです。

お出かけの時にちょっと練習したりといろんな場面で使えるので今一番重宝しています。

セットの内容をレビューした記事はコチラ↓

>>【レビュー】こどもちゃれんじ1年生準備スタートボックスが届いた♪中身公開!

 

まとめ

ママ友
なるほどね~わかりやすい!うちならRISUきっずだな♪早速旦那に相談しま~す!

ママ友にお墨付きを頂きました。

それではもう一度おさらいをします。

メリット

  • 視覚・聴覚に働きかけるから理解しやすい
  • 子供の興味を得やすいから集中力が持続する
  • 何度も練習できてる
  • ママの負担が減って笑顔で勉強をみてあげられる

 

デメリット

  • 鉛筆とノートを使う機会は少なるなる。けどスマイルゼミは書き心地を研究している
  • 壊れないか心配。だけど安心サポートがついている
  • 割高に感じる。けど全額保証制度やおためしを上手に使えばお得

 

効果を出すコツは?

子供に何を学んで欲しいか?ピンポイントで攻める!

上手に使えばタブレットは私達親子の強い味方になってくれます♪

メリットとデメリットを理解したうえで、お子さんに合ったタブレット教材を選んであげてください♪

 

チャレンジタッチ口コミ

わが子に合う通信教育の選び方

>>小学生向け通信教育ランキングベスト5はコチラ♪

我が子に合う通信教育って?人気教材を実際に続けてわかった特徴や合うお子さんのタイプをまとめています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-幼児通信教育

Copyright© ママの休み時間*通信教育レビュー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.