ママのお付き合いに悩んだら・・
お金の話

今だから始める!『づんの家計簿』

家計を預かる主婦にとって、『家計簿』は必須アイテム

でも、続かないんですよね~”(-“”-)”わかります!私も2月後半あたりからどんどん面倒になって、予算外の出費があるとマイナスになり、計上するのがイヤになっちゃって、終わる チーン

小学校と幼稚園に通い始め、学費が2件になってこのままじゃイカンと一念発起しました。

そして始めたのが

『家計簿なし、予算管理』

家計簿をつけるのが面倒なので、お給料を頂いたらすべて項目別に封筒・口座へ移動

食費・日用品・予備費のみ手元に残し、その中で管理していきます。

出だしは順調なのですが、今週足りないから来週からちょっとお借りしま~す♡大きな金額だから口座からちょっとお借りしま~す♡なんてやっていたら、予算内で終わるはずがありません。家計簿はつけない事にしたので、何に使ったのか?クレジットの明細が届いて何を購入したのか?忘れている事が多々ありました。

結局、『家計簿なし、予算管理』は失敗に終わりました。

[st-card id=1522]

[adsense]

そんな時、書店でみかけた『づんの家計簿』

方眼紙に細かく書かれた、内訳や整理整頓されたお部屋、家計簿以外にもライフプランや旦那さんのお給料の内訳すべて記入していたり。憧れるけど絶対無理!!だと思いました。


楽しく、貯まる「づんの家計簿」 書きたくなるお金ノート

 

パラパラとめくりその日は帰りました

数日後同じ本屋でもう一度パラパラ。細かくみてみると、やっていることに特別感はありませんでした。使ったお金を記入し、合計と、残高を計算する。

図書券があったので、購入し自宅で読んでみる事にしました

 

書店でパラパラみた時の印象

細かい

店名・商品名・税抜き表示された商品は税抜き・税込み両方記入。食品は【牛乳・卵・調味料名】など細かく記入されていました。ネットショッピングでゲットしたポイント。ポイントや商品券で購入したことなど。

量が多い

購入した品目別記入・子どもの貯金リスト・学資保険の掛け金と将来降りるお金の金額。特別費予算・特別費実際に使用した金額。などお金の流れをすべて表にして記入していました。

フォーマットが自作

家計簿を購入して、書き込んでいくわけではなく、自分でノート・ファイルと購入して線を引いたり項目を記入していました。

 

[adsense]

自宅でじっくり読んでみて、家計簿つけ始めた時の印象

量を自分流に調節できる

例えば、食品の品目。づんさんはすべての食材を記入していました。私の場合知りたい情報を細かくしそれ以外はまとめて記入できる。私の場合食費の項目を【食品・中食・外食】の3つに分けました。私が知りたい情報は、お弁当やコンビニごはん・外食にどれだけお金を使っているのかだったので、家で作る食費は【食品】でまとめました。お菓子を大量に買っちゃったり、カップラーメンを買いだめした時は、食品の下にカッコにして覚書にしました。そうすることで、この時の食品項目が以上に高い理由が後日みたときにわかります。

子どもの貯金リスト・学資保険の掛け金と将来降りるお金の金額。特別費予算・特別費実際に使用した金額は、慣れて来て必要だと感じたらリスト化することにしました

フォーマット実は線7本でできる!?

方眼紙に線を引く事が面倒だと感じていました。でも、1か月分『線7本』でできちゃうんです。方眼紙は升目を数えれば簡単に均等に引けますし、一度できれば次月分も簡単に作成できます。

項目も自分流でオッケー。

例えば市販の家計簿を買うと、我が家には必要のない項目があり、空欄だとプチストレスを感じる事ありませんか?【駐車場代・車検代・車のローンなど】自分の家で使う項目だけ記入すればいいのでピッタリハマり気持ちがいい♪ずっーと続けていくなら、少しのストレスも感じたくないですよね。

習慣にしやすい

続かないっいうのが、家計簿をつけるうえでの難関ポイント。私は子どもが寝た後テレビを観ながら♪と決めました。テレビをダラダラ観ている時間って、楽しいけど罪悪感ありませんか?家計簿をつけながら~と思うだけで、テレビの時間がより楽しくなります(^^♪

あなた流の習慣を見つけてみて下さい

お財布がキレイになる

使った日にレシートを出すのでパンパンになっていることがありません。たまにレシートに得々クーポンが付いている事ありませんか?レシートを入れっぱなしだと気が付かず期限が過ぎる悲しい事もありましたが、クーポン付きは財布に戻し、お店で使う頻度が増えました。

マイナスが怖くない!

づんさんの本に『無駄がわかると自然にスリム化できる』みたいな事が書いてあります。はじめはマイナスでも、知りたい項目を自分流に記入し、反省することができます。

水道光熱費・クレジット払いが簡単

水道光熱費は検針日に記入。クレジットは使用した日に記入私はマーカーで色分けしてわかるようにしています。月末に合計した分を口座に残す。一見次の日がマイナスにならないか不安になりますが、続けていく事で、水道光熱費やクレジットの無駄もわかるようになります。

[adsense]

始めたばかりの私式『づんの家計簿』

1月の家計簿欄

必要な項目だけを記入しています。食品を細かく分けていないので15日過ぎても1枚目で収まっています。

 

献立

何を食べたか簡単に記入しています。忘れても気にしないのが私のルール。空欄ができてしまうとやる気スイッチ切れちゃいますもんね。

 

特別費

いつか始めようと思えた時にすぐに取り掛かれるように形だけ作ってあります。月の家計簿で特別費を記入しているので、途中から初めても1月分から書き込めます。

 

今こそ家計簿を始めよう!


楽しく、貯まる「づんの家計簿」 書きたくなるお金ノート

子どもが通い始めた今だからこそ、家計簿を続けるチャンス!時間に余裕ができる事。一人で買い物すると無駄なお菓子を買わされずに済む(笑)スムーズに家計簿を始められると思います。

 

 

最初から、出来上がった家計簿がいいな~というあなたには、これもおススメです。試してみて下さい(*^-^*)

づんの家計簿ノート (ぴあMOOK)

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA