入学後授業で不安にならない方法は・・・入学前に家庭学習を定着させること
小学生通信教育

【口コミ】チャレンジタッチ1年生12月号教材内容紹介!!

チャレンジタッチ12月号の更新内容をご紹介していきます!

チャレンジタッチは、タブレット型家庭学習教材ですので基本的な学習はすべてタブレットでOKです。毎月25日に更新され新しい単元学習ができます。それ以外にも学習アプリやデジタル図書館など、ドリル学習以外の子ども達の学年に応じて必要な興味知識に関する学習が出来るのもチャレンジタッチのいいトコロです。

我が家の子ども達のチャレンジタッチの使い方は、

  • 宿題の後に学習する
  • 学びライブラリ【デジタル図書館】で読書をする
  • 遊びの延長で学習アプリで学ぶ

そしてチャレンジタッチもう1つの特徴が【タブレット+教材付録&紙のドリル】で学習できるところ。タブレットだけでは補えない「自分の言葉で答えを表現し採点する学習や教材付録を通して体験し学ぶ学習方法。バランスよく提供されるので子供達は毎月の更新がとっても楽しみなんです。

それではチャレンジタッチ1年生12月号の教材内容をご紹介していきます。

 

ママ
ママ
コロナ休校のせいで1学期の授業が早足し!子どもが理解できているか心配・・
休校中の復習ができる

①1学期全範囲のレッスンが特別受講できる!

②返却すればタブレット代金は無料

進研ゼミ ←期間限定!8月号入会者対象!詳しくはチャレンジタッチをcheck!

チャレンジタッチ1年生レポ

1年生のメインは国語と算数。

 

 

子供が通う小学校の教科書に準拠しており、学校で習う内容とずれがありません。かたかなの練習に始まり最後の「キミ専用まとめもんだい」。1人1人に合わせて出題内容が違うので間違ったままで次の単元に進まないようになっています。

また、右上の「ときなおしボックス」の中には間違えやすい問題を中心に苦手克服プログラムが組まれており、月末や時間がある時に解いています。

どの通信教材もタブレットの特色を生かし問題を呼んでくれたりアニメーションでわかりやすく解説されいますが、チャレンジタッチはキャラクターが常に寄り添い声掛けをしながら進めてくれます。

時にはゲームのような出題形式で子供達が飽きない工夫がされています。

キャラクター同士の掛け合いもみられます。

タブレットだけでは補えない文章添削課題は赤ペン先生にお任せです。今は郵送不要!画像で答えを送信すると2,3日後に赤ペン先生からタブレットに返信がとどきます。

ハガキ付きの年賀状キットも♪

教材以外にも学習アプリやプログラミング・デジタル図書館で本を借りることもできます。途中入会でも、過去3か月分ほどのアプリは内蔵されているので損はないですよ♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA