平成最後の入学準備はコチラから
小学生通信教育

まなびwithやってみた口コミ!他通信教育との違い・教材内容を詳しく紹介!

ママ♪
ママ♪
「教育が変わる前に・・」ってまなびwithが気になる!さっそく1週間分教材サンプルを取り寄せてみよう!

最近CMでよくみかけますね。

『教育が変わる前に変わろう』小学館の通信教育「まなびwith」2020年から学校の教育が変わり、大学入試方法も変更されます。ただ、

  • 何がどう変わって子供に何を教えていけばいいのか?
  • 私達親は何を伸ばしてあげればいいのか?
  • 大学入試というまだ先の未来のために何を始めればいいのか?

子供以上に私達が不安じゃないですか?

今回まなびwithの1週間教材サンプルでこれからの家庭学習の方向性が見えてきました。

それでは、まなびwithの内容、口コミ、ドラゼミとは何が違うのか?などお話ししていきたいと思います。

まなびwith

小学館のまなびwith 基本情報

まなびwith
こ2020年新学習指導要領が変わる事を受けて開発されたオリジナルカリキュラム。
名称 まなびwith
受講費 3618円(毎月払いの場合)
教材内容 ワークブック・サポートコンテンツ・添削課題
特徴 2020年新学習指導要領に対応・オリジナル教材

まなびwithが目指すトコ

まなびwithは小学館グループ「子ども未来創造チーム」プロデュースの『自分の子どもに受けさせたい教育』をコンセプトに、「考えるって面白い!」を感じる体験をつくる新しい通信教育です。

2020年教育改革で将来子供達が自分の好きなことを見つけて進んでいく事ができるような学力をつける学習指導要領に進化します。

でも、私達親は何をしてあげればいいんだろう?

親世代が体験した事のない「まなび」が始まる2020年教育改革を前に、今後さらに重要性が増していく家庭学習の時間を強力にサポートしたいという思いで作られました。

ママ♪
ママ♪
私達が教わったことが通用しない学習法に変わっちゃうんです。親世代が変化についていけるような教材って事ですね♪

まなびwithと他の通信教育との違い

大きく違うのは『教科書準拠』であるかないかです。

スマイルゼミ・進研ゼミ・Z会・ポピーは、教科書に沿ったカリキュラムで組まれているのに対し、まなびwithはオリジナル教材を採用し、考える力や柔軟な思考力・発想力を伸ばしていく事を目標にしています。

  • かんがえる力・・・自分の考えを深めていく力
  • ひらめく力・・・工夫して問題解決の方法に気づく力
  • つたえる力・・・言いたいことを整理して伝える力

2020年新学習指導要領に先駆けて、学校の成績表でもテスト以外で上記のような能力を評価する欄が追加されはじめています。

まなびwith教材内容

毎月届くもの
  • 算数・国語のワークブック(A4 56P)
  • 答え合わせブック(親向けの解説アドバイス・採点指導サポート付き)
  • 添削テスト
  • 別冊英語テキスト
  • 会報誌「ナゾトキ学習・考えるワザトレ」
特別教材とコンテンツ
  • ひらめき平面図形パズル
  • ひらめき立体図形ブック
  • 小学漢字マスターブック1026字
  • さくぶんテスト(年2回)
  • まなびチャンネル
  • まなびダウンロードプリント(反復学習用)

 

国語のワークブック

作文力を育てる課題です。「絵に合うように、ことばを書きましょう」と記されています。

一般的な教材なら、3択や穴埋め形式で出題される問題です。まなびwithでは会話の部分が全くの白紙で、自由な表現力が試される課題となっています。

 

りんごとみかんの、違うところと同じところをみつける問題です。

かんがえる力を養う訓練もできます。

 

算数のワークブック

算数のたしざんの問題もオリジナル教材です。

学校の教科書と比べてみても、違いは歴然です。クイズのような出題形式にうちの子供たちも楽しそうに問題を解いていました。

まなびwithの取り組み方

まなびwithは、毎月送られてくる教材に取り組み、添削課題を提出するスタイルです。

前月末 教材が届く

教材は毎月、前月末日までに届きます。ワークブック1冊の中に、国語・算数・思考の達人ツール問題が含まれています。英語は別冊で届きます。

月初め~月末 ワークブックに取り組む

学習時間の目安は、1日2,3ページで学年×10分。まずは基本ページで基礎を養い、朝鮮ページで応用力を養います。全部で約22日分です。

月末 添削テストを提出する

ワークブックが終わったら、添削テストに取り組み、その月の学習内容をしっかり定着させます。毎月のおたのしみパズルで学習を楽しく取り組む事が出来ます。

約1週間後 個別担任が添削&郵送返却

提出された添削テストは、個別担任が子供に寄り添った丁寧な指導をしてくれます。テスト返却時には、結果と共にアドバイスシートも届きます。添削提出でまなびシールを集めて、賞品と交換する事が可能です。

ドラゼミとまなびwithを比較してみて

小学館の通信教育で人気だったドラゼミが終了して、新しくスタートしたのがまなびwith。2つの教材を比較してわかった事がいくつかありました。

教材の方向性は同じ

ドラゼミもまなびwithも、2020年新学習指導要領に向けてオリジナル教材を活用し、「考える力・ひらめく力・つたえる力」を鍛えていく教材になっています。

似ている問題も多いなーという印象です。

「読解・作文・図形」を中心としたカリキュラムで、学校の授業とは違い子供達が熱中して取り組める工夫が随所にみられます。

高学年でも続けられる

以前はドラえもんを使用し低学年向けの教材という印象でした。

まなびwithのワークブックに子供が喜ぶキャラクターはでません。教材を進めるうえで先生役・生徒役・仙人といったイラストが描かれています。

その変わり特別教材で名探偵コナンやナゾトキ東大生集団が登場します。

名探偵コナンは高学年~も人気ですし、東大生のナゾトキ問題は大人でも頭を使いました(笑)

ドラゼミからまなびwithに移行し、高学年も続けられる内容になってきたことがわかりました。

まなびwithのまとめ

まなびwithの1週間おためし教材を取り寄せてみるとわかるのですが、今小学校で習っている方法と全然違うアプローチで学習が進んでいきます。

子どもも親も最初は戸惑います。こんなんで成績あがるのかな?

でもこれから私達親も子供も体験したことない学習方法が当たり前になる時代になっちゃうんです。

答えは1つじゃない、子供達が「かんがえ、ひらめき、つたえる力」を育てるにはどうしたらいいのか?

まなびwithの資料請求のおかげで方向性が少しみえてきたように感じました。

資料請求は無料です。来年からどんな授業が始まるのかな?私達の予習も兼ねてまなびwithの資料に目を通してみるのもいいですね。

>>まなびwith1週間おためし教材&2020年新学習指導要領がわかる資料請求はコチラ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA