ママの休み時間*子供の家庭学習

幼児・小学生の家庭学習・通信教育サイト♪息子と娘に寄り添う家庭学習がモットー

学習

【比較】スマイルゼミvsチャレンジタッチ!実際使って分かった効果と子供のタイプ!

更新日:

ママ
スマイルゼミとチャレンジタッチ。うちの子に合うのはどっちなんだろう?

小学3年生の息子は、

1年生の時から続けている「チャレンジタッチ」と3年生になって始めた「スマイルゼミ」の2つをやっています。

2つのタブレット学習を頑張っている息子をみて将来的には、どちらかに絞りたいなと思っているところです。

今日は、この2つを徹底比較!それぞれのタブレット学習の効果とどんな子供に合っているのかお話ししていきます。

スマイルゼミとチャレンジタッチ比較表

スマイルゼミ チャレンジタッチ
教材内容 タブレットのみ タブレット・添削課題・テキスト・実験教材
受講費 3600円~ 3425円~
子供のタイプ 成績アップを目指す 家庭学習定着を目指す
1日勉強時間 15分 10~15分
難易度 中学受験レベル 応用・発展問題レベル
アプリ内容 ゲーム 学習補助
ポイント使い方 アバター着せ替え・アプリ 賞品交換
保護者サポート スマホ通知 スマホ通知・テキスト

スマイルゼミとチャレンジタッチの主な比較表です。

どちらも特色を持っています。それでは、この比較表をもとにスマイルゼミとチャレンジタッチの特徴をお話ししていきます。

スマイルゼミとチャレンジタッチの効果

どちらも小学生向けタブレット型通信講座ですが、子供にもたらす効果はそれぞれ違いました。まずは、その効果の違いについてお話しします。

スマイルゼミ

  • 宿題以外の家庭学習の完全定着
  • 高学年~中学校に向けた難易度の高い問題に取り組むことで、中学受験を視野に入れた学習ができる。

学年が上がるにつれて、授業と宿題だけでは勉強についていけず塾に通い始める子供たち増えるのが現状です。塾となると家計的に厳しかったり家族の時間が減ったりとマイナスな面もでてきます。

スマイルゼミは、子供たちが集中して問題をこなしていける工夫と難易度の高い問題に取り組むカリキュラムで家庭学習の完全定着に成功し、授業内容を理解できる予習もしっかり行えるようになりました。

 

チャレンジタッチ

  • 勉強への苦手意識の克服
  • タブレット学習以外の赤ペン先生の添削や実験教材で、タブレット任せにしない家庭学習ができる。

現代の子供たちは1年生のころから大量の授業と宿題に追われ、「勉強って楽しい」って思える環境にありません。

チャレンジタッチは、0歳児からの幼児教育のノウハウを生かし子供たちの「できた!」に寄り添うカリキュラムが組まれています。タブレットのキャラクターが「○○くんできたね!えらい!!」などその時に合わせた声掛けをしてくれます。

チャレンジタッチは、子供たちが楽しく勉強を続けていく工夫とタブレット任せにしない多種多様な教材で、勉強への苦手意識がでる前に学ぶ楽しさを知ることができます。

 

>>ジャストシステムスマイルゼミの資料請求はコチラから

>>進研ゼミチャレンジタッチの資料請求はコチラから

スマイルゼミとチャレンジタッチ大きな3つの違い

スマイルゼミとチャレンジタッチを見比べてみると大きな違いが3つありました。

  • 起動時の最初の画面
  • 教材内容
  • アプリの考え方

それでは1つずつお話ししていきます。

 

スマイルゼミの起動時の画面

スマイルゼミを起動するとすぐに「今日のミッション」が出現し、問題に取り組む事が出来ます。

一切余計な演出がないので、起動するとまずはミッションから始めるのがいつもの流れです。

 

チャレンジタッチ起動時の画面

チャレンジタッチは、キャラクターが語り掛けながら説明や問題を進めていきます。

ホーム画面には楽しい音楽が流れ、子供たちがわくわくしながら学習を進めていきます。

 

スマイルゼミの教材内容

タブレットのみですべての学習を進めます。

紙のテキストがあった方が頭に入りやすいんじゃないの?って思いますよね!

スマイルゼミは、『デジタイザーペン』という特殊なペンを使用していて、鉛筆のように滑らかに字が書けたり、手が画面についてしまっても、ペンだけが反応してくれるので、紙のテキストと同じような使い方ができます。

 

チャレンジタッチの教材内容

チャレンジタッチは、タブレット添削問題(紙)テスト対策(紙)実験教材で学習を進めていきます。

基本はタブレットで基礎学習と応用問題を終わります。

赤ペン先生の添削のいいトコロは、答えにたどり着くまでの過程を評価できたり、作文の添削を行えることです。2020年新学習指導要領の改訂に伴い、「答え」重視の考え方から「過程」も重要な採点基準になってきます。

タブレット学習だけでは補えない箇所をカバーしてくれます。

実験教材は子供たちの好奇心を刺激してくれます。

 

スマイルゼミのアプリの考え方

スマイルゼミはアプリを「ごほうび」として考えています。

問題を解いていくと「☆スター」がもらえ3つ集めると、アプリのカギが開きます。勉強には関係ないアプリゲームばかりですが、子供は「アプリがやりたいからやる!」ってとこが結局は成績に繋がっているので、ここは褒めるべきところです。

 

チャレンジタッチのアプリの考え方

チャレンジタッチのアプリは、「遊びの中で勉強」として考えられています。

読み方・足し算・引き算・掛け算・方位など学年の学習に合ったアプリです。遊んでいるようで反復学習に繋がっているのがこのアプリのいいトコロです。

 

スマイルゼミとチャレンジタッチのメリット・デメリット

スマイルゼミとチャレンジタッチのメリット・デメリットをご紹介します。

それぞれ口コミ記事の中でもお話ししています。もっと詳しく知りたいなぁって方はコチラからご覧ください♪

 

スマイルゼミのメリット・デメリット

スマイルゼミメリット

  • 問題数が多く、反復問題で学力アップを目指せる
  • 差額500円で「標準」「発展」クラスがあり、学力・目標に合わせて選択できる
  • どの通信教材より英語に力を入れている

 

スマイルゼミデメリット

アプリありきの学習になりがち

問題数と反復練習どちらも充実していますが、アプリをやりたいから勉強を頑張るっていうのは親としてはどうなのかな?と考えるところです。

チャレンジタッチのメリット・デメリット

チャレンジタッチメリット

  • 差額なしで、メインレッスン・実力アップレッスン(演習・発展)の3つのコースを選択できる
  • 勉強のアプリが充実していて、図書館のように電子書籍が読める
  • 解きなおしボタンでわからないまま先に進まない

 

チャレンジタッチデメリット

問題数は多くない

勉強以外のアプリや電子書籍で小学生の生活全部を楽しくしてくれる工夫はスゴイ!って思いますが、問題数をこなしたいって方に物足りないです。

スマイルゼミ・チャレンジタッチ使い方比較

子供が毎日使うタブレット。使いやすさも続けていく重要なポイントになります。

ペンの書きやすさ

2つのペンを比べてみると、それぞれの特徴がわかりました。

スマイルゼミのペンは、鉛筆のような書きやすさです。ひらがなや漢字をノートと鉛筆を使っているような感覚で練習できます。

ペンと手が同時に画面についてしまっても、手の跡が残らずに済むのも大きな特徴です。

チャレンジタッチのペンは、太めのペン先に持ち手のシリコンのグリッドでしっかりとした鉛筆の持ち方を練習できます。

低学年のうちは、ペンを雑に扱いがちです。チャレンジタッチのペンは耐久性にも優れています。

 

同じ単元で比較

スマイルゼミ算数

チャレンジタッチ算数

 

同じ割り算の問題で比較しています。

スマイルゼミは、文章と絵を使って解説をしています。

チャレンジタッチは、アニメーションとキャラクター(画面下のお兄さん)が語りかけながら解説をしてくれます。

初めて習う勉強は、チャレンジタッチの方がわかりやすいなぁという印象です。

画面・カメラの性能

スマイルゼミのカメラ機能

チャレンジタッチのカメラ機能

スマイルゼミのカメラ機能の方が色が鮮やかで、子供が喜ぶデコレーションが多いのが特徴です。

チャレンジタッチは画素が荒いのが残念なトコロです。

スマイルゼミ・チャレンジタッチ料金比較

受講費比較

受講費 教材
スマイルゼミ 3600円 6教科(プログラミング)
チャレンジタッチ 3425円 5教科

2つ比べると受講費にさほど差はありませんね。

スマイルゼミは、コースをレベルアップを+500円で変更できます。チャレンジタッチは差額なしでコース変更可能です。

また、スマイルゼミはタブレット学習のみですが、チャレンジタッチはタブレット学習以外に「赤ペン先生の添削・テスト問題・実験教材」があります。

タブレッド代

スマイルゼミのタブレット代は

毎月払い 一括払い
専用タブレット代 980円×12回=11760円 9980円
6か月未満解約 39800-支払ったタブレット代=差額 29820円
6か月以上12か月未満解約 11760-支払ったタブレット代=差額 6980円

ただし、12か月未満で退会した場合はタブレット代金を全額支払うことになります。

 

チャレンジタッチのタブレット代は

毎月払い 一括払い
専用タブレット代 0円(受講費に含む) 0円(受講費に含む)
6か月未満で解約 14800円 14800円
6か月以上で解約 0円 0円

6か月以上で解約した場合、タブレットの所有権がこちらに移転します。

 

費用の面で考えると、チャレンジタッチの方が入会のハードルが低いことがわかります。

スマイルゼミ・チャレンジタッチポイントの使い道

子供たちが楽しみにしているご褒美♪

スマイルゼミは「☆スター」を集めて、タブレット内のアバターのパーツを集めたり、アプリの時間を増やすことに使えます。

チャレンジタッチは、努力賞ポイントを集めて実際の賞品と交換する事が出来ます。

努力賞についてこちらの記事でお話ししています。

>>進研ゼミの努力賞2018!プレゼントの口コミレビュー♪ポイントの貯め方は?

 

子供に聞いてみると、スマイルゼミは課金をしているイメージ。チャレンジタッチは頑張ったご褒美をもらっているイメージなんだそうです。

スマイルゼミ・チャレンジタッチ保護者サポート

タブレットで勉強が終わると、保護者に連絡がくる仕組みになっています。

 

スマイルゼミは、

学習が終わると、スマイルゼミから自動で「みまもるネット」から今日の学習状況が送られてきます。

また、アプリを始める前に「連絡してから遊ぶ」を押すと、子供がママに報告できるシステムになっています。

学習のけっかとスタンプやメッセージをLINEのような形式で送信する事が出来ます。

 

チャレンジタッチは、

学習が終わると、進研ゼミから学習状況が送信されます。単元の理解度ややり直した問題の正解率の上がり具合もわかります。

親から「がんばったね」とメールできたり、子供から可愛いメールが来たり。コミュニケーションツールとしても活用できます。

 

どちらも親へのサポートはしっかりしています。

スマイルゼミ・チャレンジタッチ比較まとめ

MAMA
いかがでしたか?なおさら迷っちゃいましたか?

大事なのは、あなたのお子さんに合う方法を見つけてあげる事です。

私が2つの教材を比べてわかったそれぞれの教材に合うお子さんのタイプは

スマイルゼミ

  • 2年生以上
  • どちらかというと勉強は嫌いじゃない
  • さらに成績をあげていきたいと考えている

チャレンジタッチ

  • 低学年
  • 宿題以外の勉強を家でやってくれない
  • まずは、家庭学習の定着と勉強を習慣化させたい

スマイルゼミとチャレンジタッチを実際に使った様子を紹介した記事はコチラです。

【口コミ評判】小学3年生がスマイルゼミを習慣化できた4つの理由と感想は?

4年生のママさんが、「家で勉強してくれない!」と話していたのでスマイルゼミをおススメしたんです。 そしたら、宿題もスマイルゼミも習慣化されて成績も落ち着いてきたそうです。 そんな我が家もスマイルゼミに ...

続きを見る

【口コミ】チャレンジタッチを3年間続けてこれた理由と効果♪

  3年生になり宿題の量も増えて家庭学習の時間も「学年×10+10分」が目安。宿題の後にチャレンジタッチをやってちょうどいい時間です。 集中して勉強してるから、お友達と遊ぶ時間もしっかり確保 ...

続きを見る

お子さんとゆっくり話合って一番ベストな方法を探してあげてください♪

スマイルゼミとチャレンジタッチは資料請求も可能です。

資料請求はコチラからどうぞ

>>ジャストシステムスマイルゼミの資料請求はコチラから

>>進研ゼミチャレンジタッチの資料請求はコチラから

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-学習
-, , ,

Copyright© ママの休み時間*子供の家庭学習 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.