おでかけ

【伊豆旅行子連れプラン2018】!ホテルや海水浴場の口コミも♪

ママ♪
ママ♪
今年の夏休みはどこに行こうかなぁ?去年の伊豆旅行を思い出しながら夏休み旅行のプランを考えているchikaママです♪

 

毎年夏休みは子どもを連れて宮崎帰省を楽しんでいるのですが、伊豆出身のママ友に勧められ、初めて訪れた『伊豆・下田』。2泊3日の短い日程だったけど、子どもが大はしゃぎで大人も大満足できました。

東京から踊り子号で始発から終点まで1本で行けますし、都心から少しずつ景色が変わり、海が見え、海の色が変化し、ドキドキ・ワクワクが止まらない♡

今回は、大大大満足した伊豆旅行をご紹介します。お盆の混雑状況・海水浴情報・ホテル情報も合わせてお伝えしますね♪

伊豆・下田2泊3日家族旅行プラン

主人の仕事の関係で、お盆の1日前にお休みをとり2泊3日間の旅行にしました。

伊豆下田家族旅行プラン内容

日程 8月10日㈭から8月12日㈯ 2泊3日

交通手段

  • 踊り子号 東京駅発ー伊豆急下田下車
  • ホテルへの移動手段 ホテルのシャトルバス
  • 観光地への移動手段 民宿の送迎

8月10日㈭ 

  • 東京駅発7:57  伊豆急下田着 11:46
  • 寝姿山観光
  • 伊豆急下田駅付近昼食
  • 3:00 下田プリンスホテル行き
  • ホテル前海水浴場
  • 夕食 ビュッフェ

8月11日㈮ 

  • 9:20 シャトルバスで伊豆急下田駅
  • 南伊豆民宿へタクシー移動
  • 南伊豆 磯遊び
  • 民宿泊

8月12日㈯

  • 朝から弓ヶ浜海水浴場
  • 15:06 伊豆急下田駅発
  • 東京着

 

 

 

ここからは私たちの旅行体験記です。写真も織り交ぜてご紹介しています。旅のプラン作りに役立てて下さい♪

伊豆・下田2泊3日家族旅行体験記

特急踊り子号で出発!!

昔ながらの電車の作りに困惑しながらの出発。子ども室・売店のついている『スーパービュー踊り子』号に乗りたかったのですが、予算の関係上古い方に。。

車窓からの景色が最高で古さは気にならなくなりました(笑)

 

 

伊豆急下田駅に到着!

長旅にも関わらず子供達は元気です!

 

 

寝姿山観光

ロープウェイで山頂まで向かい、山の中を歩き回ります。

神社でお参りしたり、山道を歩いてアリの大群で大泣きしたり、下田の海を一望できる展望台があったり。

暑さをしのぐ場所がなくて、メチャメチャ大変だったけど時どき吹く海からの風がとっても心地よかったです。

 

伊豆急下田駅周辺で昼食

下田時計台ふろんと

静岡の生ワサビが食べたいなーって事で、おそばを頂きました。

生ワサビは辛みと甘さのバランスが絶妙でした!

 

この日は皇太子様ご家族がご静養に訪れる日だったようで、駅前に人だかりが!娘と主人は外で待機・私と息子は中で待機♪

ちゃっかり写真を撮りました♪

 

下田プリンスホテルで海水浴

ホテルから階段を降りるとプライベートビーチ♪

3時過ぎて波が高く大人は大はしゃぎ、子どもは波の高さに遠くを見つめる始末(笑)

近くの白浜や南伊豆の弓ヶ浜に比べると深さと波の高さが子ども向けではない感じですね。

 

 

下田プリンスホテル お部屋の様子

 

 

 

ツイン+簡易ベッドのお部屋でオーシャンビュー。下田プリンスホテルは全室海側です。ホントすぐ目の前が海岸で声が聞こえるほどでした。

予定では、主人・私と娘・息子でベッドをわけるはずが、一緒に寝たい。。。という息子(小学2年生)の希望でシングルベッドに3人で寝る事に。。自宅より窮屈でした(´;ω;`)ウッ…

 

 

夕食・朝食はビュッフェ

和洋折衷・子供向け・伊豆の海産物

お料理はどれもとっても美味しかったです♪息子は綿あめを何度も作りに行きました。そして朝はマンゴー尽くし!

 

民宿の車で弓ヶ浜へ!

民宿に宿泊していたご家族と海にでかけました。子ども達は水着です。

磯で生き物をたくさんみつけました。

夏休みの自由研究用にとったナマコがあまりにも大きく、それからナマコが嫌いになった息子です(笑)

 

楽しすぎて写真を撮り忘れました。

 

 

弓ヶ浜は遠浅で波が穏やかで子供達が安心して遊べてとてもいいところでした。

家族連れ・若い人達が混在しているので事故や迷子には気を付けなきゃなーと感じながら遊んでいました。

子ども達が泳げるようになったら『スプラッシュウォーターパーク』 で大はしゃぎしたい!!と次の目標ができました。

 

民宿の車で伊豆急下田駅へそして東京へ

下田太鼓祭りの影響で道路が渋滞。タクシーでは高くつくからとご厚意で駅まで送って頂きました。ホント民宿の温かさに触れる旅行でした。

お土産は『下田時計台ふろんと』のお土産売場で済ませました。

東京へ向かう電車は景色を観ることもなく、みんなで爆睡です(笑)

3日間海で遊び、大人も子供もクタクタ。。

 

伊豆・下田旅行するなら知っておきたい7つのポイント

これやってよかったねー♪アレ知ってたらもっと楽しかったよね♪など、旅行をしたからこそ分かったポイントをお話しします。

早めの予約がコストダウンのカギ

お盆の時期は高い!予約がとりにくい!

この旅行の費用は約10万円だったのですが、約7割近くが下田プリンスホテル宿泊代に消えてゆきました。

主人の夏休みの予定が決まり、宿を探し始めたのが7月中旬。

電車移動なら電車の座席確認がすぐできる『びゅう』がいいんじゃないかと、ネットや窓口で問合せましたが、すでに満席。。

JTBは空きがあったのですぐに予約をしました。ただ、電車の空席状況がリアルタイムでわからず、ドキドキしたのを覚えています。

 

ホテルと民宿を選んだことでコストダウン

伊豆出身のママ友に話をきいて、2泊目を民宿にしました。

下田プリンスホテルは約70000円。民宿は18000円でした!

ホテルにこだわらないのであれば、民宿でコストダウンはおススメします!

 

子連れに優しい民宿が癖になりそう

コストダウン目的で民宿を選んだのですが、これがよかった!!

田舎の実家に帰って来たような温かい雰囲気で迎えてくれました

田舎にある大きめのお家のような作りで、私達の他に2家族が宿泊していました。子ども達はすぐに仲良くなり民宿の中を走り回ったり、外で遊んだり楽しんでいました。

ホテルのビュッフェもいいですが、伊豆の美味しいお魚や野菜を使ってほっこりする家庭料理を作って頂きました。子ども達の食べる量や好き嫌いをきいてくれて、残さずに食べてくれました。

1つの食堂で頂いたのですが、出会ったご家族の方とお話しをしながら楽しいひと時を過ごす事が出来ました。

 

海でカップラーメンが美味しかった♪

民宿の方が『海で食べるカップラーメン美味しんだよー』と教えてくださり、熱湯をいれたポットとカップラーメンを持たせてくれました。

ずっと海に浸かって冷え切ったカラダにカップラーメンの温かさが美味しかったです。

これはぜひ宮崎の海でも試してみたい!!と思いました。

 

海の生き物を観察・自由研究に

南伊豆にある磯は生き物の種類が豊富でした。当時小学2年生の息子は、ヤドカリ・なめこ・カニ・魚をとって写真に撮り、特徴を書き込んで自由研究にしました。

海のどこにどの生き物がいるのか?模造紙を使い海の絵をかいて写真を貼り、特徴を書き込みました。

先生に『わかりやすかったよー』と褒めて頂きとっても嬉しそうでした。

 

水着を洗うのが大変だった

毎日海で遊ぶなら、洗濯グッズは必須です!

下田プリンスホテルには、洗濯機はありません。

海で泳いだ後は、室内に入る前にシャワーで砂を洗い流します。子どもは砂浜にお尻を着けて遊ぶので水着の目地まで砂が入り込んでいるんです。

手作業で落とすのが大変でした。洗濯物を干すハンガー・洗濯ばさみ類は部屋に置いてありました。ただ、海風が強く塩でベタベタになるので室内干しになります。

私が泊まった民宿はお客さんが使える洗濯機がありました。洗剤も柔軟剤もお借りできたので、普段通り選択して、部屋に干して次の日着る事が出来ました。

 

混雑を避けるなら8月14日・15日は避けるべし

14日・15日に『下田太鼓祭り』が行われ、下田駅周辺が大混雑します。

お祭り前日から道路が渋滞するので地元の人たちは、裏道を迂回して駅に向かうんだそうです。

 

伊豆下田家族旅行まとめ

お盆でも人気の観光地をじゅうぶん楽しむ事が出来ました♪

  • 早めの予約でコストダウン
  • ホテルと民宿でコストダウン
  • お祭りを避けて混雑回避

子ども達の学校の予定と旦那さんの予定がきまったらすぐに予約を♪今年の夏は伊豆・下田を遊び尽くしましょう!!