勉強の悩み

新学期の自宅学習にはRISU算数がおススメ♪途中からでも予習・復習バッチリ!

ママ友
ママ友
新学期から自宅学習させようと思ってるんだけど、途中から初めてついていけるかな~

授業が難しくなる3年生の時期に、自宅学習を習慣化させたいママはとっても多く、相談を受ける事も多いんです。

そんなママ達の悩みで多いのが、『途中から初めてついていけるかな?』って悩み。

通信教育や塾は途中から入会するのが不安なママが多いんです。

途中から始まっても、流れを理解していないとすぐ嫌だって言いそうだし、つまづいてしまいそうだし、大人だって不安な事ありますもんね!

 

今日は、子供の学力に合わせたレベルで算数を学べるRISU算数についてお話ししていきます。

 

>>RISU算数公式サイトはコチラ♪

お試しキャンペーンコード『zik07a』

子供の学力に合わせたレベルって?

RISU算数は1年生から6年生までの算数を学べるタブレット教材なのですが、子供の本当の学力を計測して無理ないレベルから勉強できるから、途中から始めてもぜんぜんついていけるんです。

最初に、簡単な学力テストを行いレベルを計測。3年生でも1年生の単元からお勉強できます。

これなら復習にもなるし、学力が上なら4年生の単元を先取り学習できちゃいます。

 

ママ♪
ママ♪
それでは、RISU算数ってどんな教材なのか?息子の様子と合わせてお話ししていきます。

RISUってどんな教材なの?

算数に特化したタブレット型通信教育です。

お子さんにピッタリの問題とレッスンを配信してくれるので、途中から始めても実力に合ったレベルから学習をスタートできます。

わからないまま次に進まないように、「つまづいた問題」を感知して東大生を中心とした個別フォローアップでわからないまま先に進まないような対策もとってくれます。

また、算数が得意な子・もっと伸ばしたいなと思っているお子さんには、無学年制カリキュラムで自分の学年より上の学習ができるので、面白いほど算数が好きになっていきます。

受講費についてはRISUのサイトで確認できます♪

 

RISUのカリキュラムの内容は?

小学1年生から高学年の問題と受験基礎レベルの算数を学べます。

  • 小学校の算数の教科書を網羅したカリキュラムですので、学校の成績アップにつなげられます。
  • 東大生を中心とした個別フォローで、メールや動画を使って塾のように丁寧に教えてもらえます
  • 低学年の問題だけでも10000問!

しっかり算数に集中して勉強できますよ♪

RISU算数を始めた息子ができるようになったこと・効果

RISUを始めたのは、3年生に上がってすぐの時でした。3年生になると算数の授業は成績別にクラスを3つにわけられます。一応トップのクラスに入れたものの、塾や公文に通っているお友達ばかりで、不安を感じていた息子です。

そんなときにRISUを知り入会し1日15分程度の学習を進めてきました。

あんなに不安に思っていた算数のクラスも、今は授業内容をしっかり理解して楽しく算数の授業を学べるようになったようです。

算数のテストも自信をもってママに見せてくれるようになりました。85点から100点が多いかな♪

それと宿題のスピードがあがりました!息子は、『算数ドリルの宿題は何問も解くのって疲れる!』って文句を言っていたのが、今は集中してパパっと終わらせるようになれました。

 

RISUの取り組み方

実力テストで算数力を判断

 

まずは、子供の算数力をチェックするために簡単な実力テストがあります。

小学1年生から高学年までの問題がいくつか出されます。「習っていない」ボタンがあるので、知らない問題を申告できます。

算数力がわかったら、学力に合わせたカリキュラムがダウンロードされます。

 

学力に合わせたステージカリキュラム

学力テストの結果から必要な問題が割り当てられます。

ゲームのステージをクリアするような様式になっていて、子供たちがクリアした達成感を感じてくれます。

ボスステージやカギを集めたスペシャル問題など、子供たちが飽きない工夫もされています。

 

解説の後に問題を解く

カラーの解説ページをみてから問題に取り組みます。授業でならっているなら、スキップ機能を活用して時短で問題を解いていくことも可能です。

 

ママ♪
ママ♪
レベル上げしていくと、小学4年生問題を解ける!!って目標があるようです。毎日ガシガシ問題を解き進めています♪

RISUのメリット

先取り学習で子供の伸びる力を発揮できる

タブレット学習の多くが、毎月1回教材をダウンロードして、その月に習うであろう教科書の内容を予習復習してテスト対策もできるよってものが多いのです。

それだと、1か月のカリキュラムを早く終えてしまうとやることがないし、もっと学びたいな!知りたいな!って子供の探求心を伸ばしてあげる事が出来ません。

RISUのすごいトコロは、無学年制でドンドン先の学習を先取りできちゃうところです。子供は楽しいともっと先を観たくなるもの。高学年から初めても受験基礎レベルの問題もあるので飽きることはありません

 

学生チューナーの個別フォロー

子供たちの詳細な学習記録をトップ大学生がみて「どこにつまづいているかな?」「どのくらいの学習ペースかな?」と把握してくれ、1人1人にあったアドバイスをしてくれます。

フォロー内容は動画の解説とメールでのフォローです。

同じような問題で数回間違えたり、解答するまでに時間がかかると、すぐに先生の動画が送られてきます。ピンポイントで解説してくれて学校の先生や塾の講師のような役割をしてくれています。

うちでは、『先生がきたよぉー』と動画を楽しみにしています。

また、動画だけではフォローできないときは、メールをくださいます。

メールの内容は

  • 学習状況の解説
  • 学習時間や週にどのくらい取り組んでいるか。それに対する評価。
  • 声掛けのポイント
  • 今挑戦中の課題
  • 子供の学習傾向を把握したうえでの次の課題への対策方法

先生が息子専用のフォローメールを送ってくれます。ここまできめ細かいフォローは通信教育では無理だと思っていましたが、すっかり大学生のお世話になっております(笑)

 

やりっぱなしにならない復習問題

算数って1度解いただけではなかなか定着しないですよね。間違ったこと自体を忘れていたり。

RISUでは、2つの復習問題で理解の定着を目指します。

  • 1度間違えた問題を復習できる
  • 一定の期間をあけてもう一度同じような問題を復習できる

やみくもに問題を解くのではなく、何度もやり直すことで、的確に子供たちのスキルに繋がっていきます。

 

RISUのデメリット

チャレンジタッチやスマイルゼミのタッチペンより若干使づらいところがあります。

ペン先がクッション性のある網状になっていて、軽く触れただけでは反応しないことも。力加減がなれてくると問題なく使えているので、慣れの問題かな。

あとは、集中して目を近づけて長時間やってしまうことが多々あります。ママが定期的(10分から15分)に声掛けをしてあげた方が、視力が落ちるリスクを抑える事が出来ます。

 

RISU算数料金・まとめ

そうは言っても、タブレット代と受講料を考えるとすぐに決断できないのはよぉ~くわかります!!

RISU算数はタブレット費用タダ!基本料金2480円から始められるんです。解約はいつでも大丈夫で手数料もかかりません。タブレットの返却もしなくてもいいんです。

 

それでもやっぱり悩みますよね。。。

そんなときはママお得意の『お試しキャンペーン』を利用するチャンスです!

1週間タブレットをレンタルしてお試しができます。

やっぱりいらないな~って時は、送料と保険料1980円を支払いますが、お試しで申し込んでも続けたいな~って思ったら、1980円の支払いはなし♪すぐに入会してそのままタブレットを使えます。

 

1980円は高いな~って感じますよね。

タブレットの発送費って1500~2000円はするので、教材を体験出来て箱に入れて郵送するだけなので手間はこっちのほうが全然かかりません。

 

RISU算数のホームページでキャンペーンコードを入力する。

>>RISU算数はこちら♪

キャンペーンコード 『zik07a』

こちらのリンクからのみこのキャンペーンコードが使えます。お間違えないように♪

 

ぜひ利用してみてください♪