ママのお付き合いに悩んだら・・
家庭学習

どうして緑なのに青信号って言うの?日本だけ?子供への解答!

息子
息子
ママぁ~みんな青信号っていうけどさ~緑じゃないの?大人は青に見えるの?
ママ♪
ママ♪
たぶん、昔の人は緑も青って言うからなんだと思うんだけど・・・よし!調べてみよう!!

調べてみると、なぜ緑を青っていうか?いつからなのか?誰が最初に言ったのか?

子供がへっ~♪って言いたくなる理由が隠されていました(^^)/

それではご紹介していきます。

どうして緑なのに青信号っていうの?

 

答え

一番初めに信号が作られたとき「緑信号」って決めたんだって!でも昔の人は「緑」より「青」の方が馴染みやすいから、新聞社の人が「青信号って書いたら、みんなに広まったんだって♪

 

日本で最初に信号が作られたのが1930年。子供達のひいおじいちゃん・ひぃおばあちゃんが産まれた頃。2018年時点で88歳。

この年に日本で初めて「日比谷交差点」に設置されました。

この時の交通法でも「緑信号」と表記されていました。

しかし、信号機の設置を紹介する新聞記事に「緑」よりも馴染み深い「青」に置き換えて紹介されたので、次第に「青信号」となっていったようです。

今の時代ならテレビ・ネットで間違いに気づけていたのかもしれませんが、1930年は昭和5年。

テレビもネットもない時代。

新聞が大事な情報ツールだったため、誰も疑いもしなかったんでしょうね。

 

では、どうして昔の人は「緑」も「青」と言うのか?ご紹介します。

どうして緑も青っていうの?

平安時代より前の日本では「緑」という表現がなく、緑に近い色はすべて「青」で表現していました。

そのため古来より使われている言葉「青梅・青菜・青のり・青葉・青虫」は実際は緑色でも青と表現されていました。

平安時代~鎌倉時代に移るころ、「瑞々しさ」を表す意味で「みどり」が使われるようになりました。

それが「新芽」の色を表すようになり、新芽の色すなわち「緑」という色の表現がうまれたのです。

そのため今も名残が色濃く残っているというわけです。

 

緑色以外にも紫や灰色やくすんだ色も青と表現していたそうです。

寒くて唇が紫色になることを「唇が青い」

顔が真っ白にくすんだ色になることも「青ざめる」

といいますよね。

 

世界中の信号の色は?

息子
息子
日本だけが緑なのかな?

海外映画やアニメを観ると「緑・黄色・赤」の3色だと記憶しています。

ママ♪
ママ♪
世界中の国で「緑はススメ」「黄色は注意」「赤は止まれ」と決められているみたいよ♪

メモ

ISO(国際標準化機構)が決めた国際的なルールなんだそう。

色を決めたのはCIE(国際照明委員会)で、「赤・緑・黄色・白・青」の5色です。

このうち波長が長い「赤・黄色・緑」が信号の色に指定されました。

波長とは、空気中の水の粒・塵にぶつかっても遠くまで光が届く長さのことです。

まとめ

現在の交通法では「緑信号」から「青信号」に訂正され法律上でも「青信号」で統一されているそうです。

私(アラフォー)が小さいときは、もっと緑色が近かったと記憶しています。最近の信号は「青緑」に近い色ですよね♪

日本では色弱な方にわかりやすいように、少しずつ青みかかった色に変化しているそうですよ。

これで子供に胸張って言えますね!

お知らせ

「子供に質問されたけどうまく答えられなかったわ~」

「コレ!よく聞かれるから覚えておいた方がいいですよぉ~」

って事ありましたら教えてください♪

下の『この記事にコメントする欄』から募集しています!

こちらのサイトで紹介させて頂きます!

ドシドシお待ちしています(古い(笑))

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA